さまざまなドレスに合わせた個性的なナチュラルブーケ!!

飾り気のないシンプルドレスに

麻やコットンなど飾り気のないドレスをまとう素朴で温かみのある花嫁には透け感を生かした透明感のあるナチュラルステムの花束がよく似合うでしょう。ラウンドスタイルでもぎっしりと詰め込まず、和紙の原料であるコウゾをふんわりと巻いて土台を作り、カラーをメインに花を絡ませながら茎とパラレルで束ねれば空気感のあるデザインになりますよ。白とグレーの無彩色で清潔感を出すとよくオールドファンタジーやフランネルフラワーなどを加えてアレンジするといいでしょう。

和の祝い花を使ってみよう

代々受け継がれてきた伝統的なドレスに合わせるのなら、日本古来の庭に咲く祝いの花、マツやツバキを使ったナチュラルブーケがいいでしょう。別名ヒメツバキといわれるイジュの花をツバキに見立て、ツバキの葉が美しく見えるようにボール状にデザインするといいですよ。竹の脇枝を加えてマツバをからめて透け感と奥行きを出すとフォルムのアクセントにやわらかい線を加えられ、線の美しさとやさしい動きを出すことができるでしょう。

自然の雰囲気を大事に

コットンの糸で刺繍したレースと小花モチーフのドレスに合うのが自然の雰囲気のキャスケードブーケです。土台となる針金を鈍錆色にして上部に白、下部にグリーンというカラーバランスでそれぞれにアクセントとなる文様をあしらいましょう。白いバラを多めにしてボリューム感をだすのがよく、ホワイトメイデイランドにファビアンカをあわせて、ナチュラルな流れはアイビーやハーブゼラニウムなど斑色のグリーンで演出するといいでしょう。

太田での結婚式場では二人の披露パーティーを行っています。またビールも飲めるのでお酒好きには堪りません。