お見合いをする時に準備するべき書類と写真

写真はどうしたらいいの?

自分の第一印象を決める写真はとっても重要です。男性の場合はスーツ、女性の場合は振袖かワンピース姿で撮影しましょう。フォトスタジオなら、お見合い写真を撮り慣れているので、スタッフの指示に従っておけば問題はありません。最近はわざわざフォトスタジオで正式な写真を取らなくても、普段のその人の姿がわかるようなスナップ写真があれば十分なケースも多いです。この場合でも清楚で好感の持てる写真を用意しておきましょう。

釣書を作りましょう!

釣書とは、自分や家族の詳細なプロフィールを知ってもらうための書類です。一般的にお見合いをする当事者について書かれたものを身上書、家族や親類については家族書という文書として分けられていて、これらをまとめて釣書と言っていました。でも、最近は身上書の一項目として家族欄があるので、これが家族書と同じ意味合いを持っています。氏名や本籍地、学歴や職歴などを記入します。相手の素性がわかることで安心してお見合いができるのですね。

昔からのやり方ならではの良さ

写真や釣書の準備は手間がかかりますし、特に釣書は通常の履歴書ではなく、無地の便せんや上質紙に万年筆などで記入するなどの細かいルールが定められているので面倒かもしれません。しかし、自分の人となりを知っている人に紹介してもらう相手ですから、家柄や経歴など自分と釣り合う人を見つけてもらえますし、釣書もあるのでネット婚活や結婚相談所よりも相手の経歴について信用できるなどの強みがあります。あえて昔からの方法で婚活するのもいいのではないでしょうか。

結婚相談所とは結婚を考えている人が相手を探す場所です。独身の方が会員になると結婚までのサポートをしてくれます。